HOME > 入院の流れと入院生活

入院の流れと入院生活

Flow of hospitalization and hospitalized life

 急性期病院をはじめとする医療機関からのご紹介や、ご家族からの相談を受け、当院で受け入れが可能かどうかを検討いたします。受け入れが可能であれば、入院の日程を調整いたします。

 調整させていただいた日時に当院へお越しいただきます。患者様が到着されましたら、検査や診察を行います。付き添いのご家族の方には、お待ちいただく間、入院の説明をさせていただくほか、患者様の情報等の聞き取りさせていただいております。

※入院に必要な物品等は入院時に説明をさせていただきますが、『入院のしおり』にも記載しておりますので、ご参照いただければ幸いです。
LinkIcon入院のしおりを見る

 患者様のご希望をうかがいながら、医師の指導のもとリハビリテーション(以下、リハビリ)の計画を立て、リハビリを開始いたします。患者様の状態にあわせて、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が介入して、リハビリを行います。また、病棟における日常的な動作についても、看護師や介護福祉士等が介入して、生活における動作の向上を目指しています。

 当院では、ご家族にご参加頂く形で、患者様に関わるスタッフがカンファレンスを行っています。患者様の身体状況や、リハビリの進み具合を報告・共有し、目標に向けて、今後の治療・訓練の方針や退院先について話し合いを行います。

 退院が近づきましたら、試験外出・外泊や自宅での動作確認、家族指導などを取り入れ、実際の生活空間での動きを患者様ご本人と、ご家族に確認いただく機会を設定します。また、介護保険のサービスを利用される方につきましては、担当のケアマネジャーやサービス事業所、福祉用具レンタル事業所等とも情報を共有し、在宅での生活がスムースに送れるよう準備を行っていきます。

入院患者様・ご家族へ

For patient and family

●入院に必要な物
 洗面具・タオル・下着類・寝巻・バスタオル・スリッパ・ティッシュ・湯のみ・箸・ゴミ箱等

●入院費用について
 入退院の当日は時間に関係なく、1日分料金として計算させて戴きます。
 医療費の請求については、月末〆で翌月5日(休日の場合は6日)に発行致します。

●食費について
 食費の自己負担額は1食あたり460円です。1日3食召し上がった場合は1,380円となり、召し上がった食事の回数によって金額が異なってきます。
 尚、市町村民税非課税世帯の方は金額が減額となりますので窓口にてお尋ねください。

●面会について
 面会時間
 月曜日~土曜日:午後1:00~午後8:00迄/日曜・祭日:午前10:00~午後8:00迄
 ・安静時間や治療の関係上、面会時間をお守りください。
 ・特別の事情等による時間外の面会については、医師又は看護師にご相談ください。
 ・面会は、同室の患者様に迷惑がかからないよう、お願いします。
 ・インフルエンザやノロウイルス等の感染症流行の時期は、面会制限を行う場合があります。
 ・当院は、鍵のついた引出しの設置がありませんので、ベッドサイドへの現金の持ち込みは
  ご遠慮ください。
 ・生花の持ち込みはご遠慮ください。

●食事について
 当院の食事は、医師の指示に基づき管理栄養士が献立を作成しています。食事も治療の一環であるため、医師が特別に許可する場合を除き、飲食物の持ち込みや、周りの患者様へ配るといった行為はご遠慮ください。

●退院後の食事について
 退院後の食事について心配な点がありましたら、栄養相談を行います。看護師までお気軽にお申し付けください。

●ご不明な点は
 入院中ご不明な点などありましたら気軽に看護師へお尋ねください。

●個人情報の保護について
 当院では、患者さんに安心して医療を受けていただくために、安全な医療をご提供すると共に、患者様のプライバシー保護及び個人情報保護に努めています。